美容外科の看護師と一般病棟の看護師の働き方の違い

美容外科と病院勤務で比較して

医療具

給料は高いですし、一般病棟と違い救急な患者さんがやってくることもありません。夜勤ももちろんなく、生活リズムが狂ってしまうこともないので、毎日体調もかなりいいです。なにより、美容外科での看護業務は命に関わるプレッシャーがないのが嬉しいです。生きるか死ぬかといったシーンもないので、とても気楽に仕事ができています。残業があっても、一般病棟で働いていた頃のように帰りが22時を過ぎるということもありません。ノルマもありませんし、一般病棟に比べるとかなり働きやすくて、転職をして本当によかったと毎日思っています。一般病棟の頃は、毎日夜遅くまで働いていましたし、朝も早くいって検査伝票をかいたり、入院カルテの作成をしたりと大忙しでした。でも、今の美容外科クリニックは、朝9時半に出勤をして、のんびりとお掃除をし、予約の確認をしたりしてお客さんを迎え、お客さんの手術のあとの経過を見たりアドバイスをしたりして、午後5時には全てのお客さんを見送り、私たちは軽くお茶を飲んで午後6時には帰宅ができる最高の仕事でした。

転職して本当によかったのと先輩には感謝しています。

ベット

一般病棟で働いている人はくたくたになって自宅に夜中に辿り着くという感じですが、こちらの美容外科で働いている人のほとんどは18時に帰宅をしてから習い事にいったり、ジムに通ったりしていてとても華やかです。急患を相手にすることもありませんし、いつも緊張していた一般病棟での仕事と比べると、比べ物にならないくらい楽でのんびりと仕事ができています。研修会などで休みがつぶれることもほとんどありません。楽に働きたいと思っていたので、転職をしてよかったです。楽ですが、学べることもたくさんあるので、転職してよかったです。

はじめ➡余裕のない生活に嫌気
TOP